大学受験

有名私大の穴場発見!?Fラン行くなら理系に行け【生命科学学部・学科編】

今回は、「生命科学学部・学科」をご紹介します。河合塾入試難易度予想ランキング表の農学系に掲載されている大学数では、2023年4月入学の募集時点で、国公立大学48校、私立大学は27校しかありません。国公立大は、総合的な学術体系の整備と地域で必要とされる学術研究を行うなどの目的から学校数が多くなっています。一方で、私立大学は戦後の高度経済成長に合わせて発展してきたという背景があり、第二次産業の成長に合 […]

Fラン行くなら理系に行け【看護学部編】

大学全入時代と言われ、私立大学では定員割れが47.5%(2022年度入試実績)とな選ばなければどこかの大学には進学できる環境となっています。一方で、大学側も学生数の増加に向けて学部の新設も行われており、近年の18歳未満人口の減少は続いているため今後も定員割れの大学が更に増加することが予想されます。 このような環境の中で、将来やりたいことも決まってないし、かと言って勉強を必死に頑張る気持ちにもなれな […]

薬学部を志望する前に要確認!薬剤師の将来性はどうなの?

薬学部6年間、私立大学であれば入学金・年間授業料を合わせて卒業までに1,000万円以上かかります。一方で、全国の薬剤師不足を背景に、2000年代に入ってから薬学部の新設が相次ぎ、入学定員数は2000年までは約8,000人だったのに対して、令和3年現在は13,000人と以前の1.6倍に増えました。そこで心配なのが、これだけの費用と労力をかけて、卒業後に見合う収入と就職先が確保できるのかということ。こ […]

Fラン行くなら理系に進め【薬学部編】

大学全入時代と言われ、私立大学では定員割れが47.5%(2022年度入試実績)とな選ばなければどこかの大学には進学できる環境となっています。一方で、大学側も学生数の増加に向けて学部の新設も行われており、近年の18歳未満人口の減少は続いているため今後も定員割れの大学が更に増加することが予想されます。 このような環境の中で、将来やりたいことも決まってないし、かと言って勉強を必死に頑張る気持ちにもなれな […]

【2023年版】データサイエンスを専門に学べる国公立大学

世の中のIT化・デジタル化が進み、経験や勘に頼らず、客観的なデータや根拠に基づいて意思決定を行う重要性が増してきており「データドリブン」な経営や業務運用がビジネスにおいて求められるようになってきました。データサイエンティストというと、数学を駆使してビッグデータを分析して未来を予測する、みたいな特定の能力を持った人材というイメージを持たれますが、AI・機械学習ツールの進化も相まって近い将来では一般的 […]

【2021年版】英語が苦手な受験生必見!関西の人気私大(文系)で英語不要の学部・学科

「英語だけはどうしても苦手!」という受験生の中には、泣く泣く行きたい大学よりランクを下げて受験したなんて学生もいるのではないでしょうか? 大学受験に英語は必須という学校が多い中、試験科目に英語を含まない(選択しなくてもよい)大学・学部・学科も全国にはたくさんあります。しかしながら、関西地区で人気の大学の入試方式を調べたところ、文系では近畿大学だけしかありませんでした。「得意科目=本人の特性」として […]

【2021年版】英語が苦手な受験生必見!英語不要の大学入試(首都圏・理系)

「英語だけはどうしても苦手!」という受験生の中には、泣く泣く行きたい大学よりランクを下げて受験したなんて学生もいるのではないでしょうか? 世の中ではグローバル教育と言われ「英語ができる=優秀」のような風潮がありますが、英語はコミュニケーション手段として必要になれば後からでも身に付けられるので、専門知識を知性に変えられることが本当に優秀な人材といえます。 とはいえ現実的には大学受験に英語は必須という […]

【2021年版】英語が苦手な受験生必見!英語不要の大学入試(首都圏・文系)

「英語だけはどうしても苦手!」という受験生の中には、泣く泣く行きたい大学よりランクを下げて受験したなんて学生もいるのではないでしょうか? 世の中ではグローバル教育と言われ「英語ができる=優秀」のような風潮がありますが、英語はコミュニケーション手段として必要になれば後からでも身に付けられるので、専門知識を知性に変えられることが本当に優秀な人材といえます。 とはいえ現実的には大学受験に英語は必須という […]